×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産 鑑定士 資格取得方法とその後

不動産鑑定士

不動産の適正価格を決める専門家、それが不動産鑑定士です。公共なら地価公示、地価調査、相続税標準地や公共用地買収など、民間なら担保物件評価や一般的な不動産売買に当たっての参考資料としての価格評価等の依頼もあります。ですから安定した職業と言えます。


三大国家試験である不動産鑑定士試験に合格するためには受験勉強が相当必要です。試験勉強の期間は概ね1年〜2年が目安で、取得のための費用は40万円程度かかると言われています。平成18年度の試験は、対受験者比最終合格率が約2%という厳しい結果でした。


試験合格後は実務修習、修了考査、不動産鑑定士登録 という手順が必要になります。実務修習は、毎年12月1日から1年間実施される実務修習を受けます。修了考査で修了確認されれば、国の確認手続後、晴れて不動産鑑定士として登録することができます。


不動産を鑑定して評価を下す業務は、不動産鑑定士のみに認められた独占業務のため、希少価値がある資格ということで独立して多くの収入を得ることもできます。就職先は不動産鑑定事務所のほか、不動産会社、信託銀行などの金融機関などにも勤めることができます。


不動産の適正価格を決める専門家

不動産の適正価格を決める専門家、それが不動産鑑定士です。公共なら地価公示、地価調査、相続税標準地や公共用地買収など、民間なら担保物件評価や一般的な不動産売買に当たっての参考資料としての価格評価等の依頼もあります。ですから安定した職業と言えます。


平成18年度の試験は、対受験者比最終合格率が約2%と難関でした。学習期間の目安は概ね1年〜2年で、取得のための費用は40万円程度かかると言われています。不動産鑑定士試験は三大国家試験ともいわれ、合格するためには相応の受験勉強が必要です。


不動産鑑定士登録は試験合格後は実務修習、修了考査という手順を踏まなくてはいけません。毎年12月1日から1年間実施される実務修習を受けます。実務修習の修了考査で修了確認されれば、国の確認手続後、晴れて不動産鑑定士として登録することができます。


就職先は不動産鑑定事務所のほか、不動産会社、信託銀行などの金融機関などにも勤めることができます。不動産を鑑定して評価を下す業務は、不動産鑑定士のみに認められた独占業務のため、希少価値がある資格ということで独立して多くの収入を得ることもできます。


不動産鑑定士試験は三大国家試験

不動産鑑定士は不動産の適正価格を決める専門家と言えます。貸家の賃料改定や相続等に伴う土地評価、等の民間からの依頼だけでなく地価公示、地価調査、相続税標準地や公共用地買収等に関する資産評価もあります。景気に左右されない安定した職業と言えます。


不動産鑑定士試験は三大国家試験ともいわれ、合格するためには相応の受験勉強が必要です。平成18年度の試験は、対受験者比最終合格率が約2%という厳しい結果でした。学習期間の目安は概ね1年〜2年で、取得のための費用は40万円程度かかると言われています。


試験合格後は実務修習、修了考査、不動産鑑定士登録 という手順が必要になります。実務修習は、毎年12月1日から1年間実施される実務修習を受けます。修了考査で修了確認されれば、国の確認手続後、晴れて不動産鑑定士として登録することができます。


職場は不動産鑑定事務所だけでなく、不動産会社、金融機関などにも勤めることができます。不動産を鑑定して評価を下す業務は不動産鑑定士のみの独占業務のため重要な職務を担っています。希少価値がある資格ということで独立して多くの収入を得ることもできます。